太陽
太陽は直径1.390.000キロメートル
中心核温度は1500万K.
中心は2500億気圧に達し、質量のおよそ75%は水素・25%がヘリウムで、その中心では水素からヘリウムへ変換させながらゆっくり変化しています。
太陽風
太陽表面のコロナガスは100万度以上にもなる為、水素原子は陽子と電子に分解され電気&磁気を帯びたガス(プラズマ)になります。このプラズマが外に流れがし、惑星間を秒速300〜800kmの速さで吹く現象を太陽風と呼びます。
太陽風の成分は
水素陽子と電子がほとんどで、ごく少量のヘリウムや酸素・鉄・シリコンなどのイオンもふくまれます。
太陽風を構成する水素陽子(プロトン)の多くは、大気圏を通過しない為、地上では、太陽風はその電子がそそぐことになります。
マイナスイオン発生のメカニズム
ビオリオンには微細なトルマリン石(電気石)が板面表層に形成されており、その石1個1個に±一対の電極が形成されております。その板面に接近する水素電子はこのプラス極側に吸いつけられ、マイナス電極に運ばれます。
次々にマイナス電極に運ばれた電子は、1個1個はじき出され、プラス電極へ電気力線に沿って飛んでゆき、静電気の流れを形成させるようになります。(0.06ミリアンペアの微弱電流)
トルマリン石を微細にする必要性は、この石には必ず1対の電極が発生する為、結晶体が小さいほど静電圧は高められるからです。
この静電気(高電圧微弱電流)が空気中の水分に対して電気分解をおこさせ、H+とOH- を発生させます。
H+の多くはマイナス電極にひきつけられ、そこから放出される電子と結合し水素ガスとして放出されます。
OH-は放出され、更に水分H2Oと反応しH3O2-ヒドロキシルイオン(界面活性型マイナスイオン)を生成します。
このヒドロキシルイオン(小イオン)は移動度が高く活性力も高いうえ、1〜2時間程度の寿命があるために、ビオリオンから次々に放出されるイオンは狭い室内や箱の中では蓄積が可能です。
ビオリオンでのマイナスイオン放出の弱点
1、地下深い場所や金属の囲いの中など
2、湿度が極端に多いか又は少ないかの条件下
3、低温条件下(10℃以下の室内・冷蔵庫や冷凍庫内)
4、化学繊維や樹脂板又はフィルムなど、帯電しやすい物がビオリオンの表面に乗っていたり付着している場合。
5、寝室などでの利用の際は、衣服やシーツ毛布の化学繊維の使用は、イオン効果を弱めます。麻や綿などの天然素材をご利用ください。
6、太陽活動も含め自然界の条件下で行うことですので、イオン発生量が変化する。
理由
1、太陽風が届かない条件下
2、水分が無いと効果がない、水分か多すぎると水分同士がくっ付き大きくなり(霧など)分解できない
3、温度が下がりすぎると水分の活性度が衰え、最終凍ってしまい、温度の下降に比して発生量が落ちる傾向にある。
4&5の理由は、帯電しやすい物とは電子を引っ張り、蓄積するもの(静電気)で、発生させるイオンや電子を引き寄せてしまい対象物や呼吸器に付着したり吸引されることを疎外するからです。
上記4&5は森林や小川・滝の側などでマイナスイオン効果を期待する際も、衣服などは同様に必要な処置です。

太陽

太陽は直径1.390.000キロメートル、中心核温度は1500万K。中心は2500億気圧に達し、質量のおよそ75%は水素・25%がヘリウムで、その中心では水素からヘリウムへ変換させながらゆっくり変化しています。

太陽風

太陽表面のコロナガスは100万度以上にもなる為、水素原子は陽子と電子に分解され電気&磁気を帯びたガス(プラズマ)になります。このプラズマが外に流れがし、惑星間を秒速300〜800kmの速さで吹く現象を太陽風と呼びます。

太陽風の成分は

水素陽子と電子がほとんどで、ごく少量のヘリウムや酸素・鉄・シリコンなどのイオンもふくまれます。太陽風を構成する水素陽子(プロトン)の多くは、大気圏を通過しない為、地上では、太陽風はその電子がそそぐことになります。

マイナスイオン発生のメカニズム

ビオリオンには微細なトルマリン石(電気石)が板面表層に形成されており、その石1個1個に±一対の電極が形成されております。その板面に接近する水素電子はこのプラス極側に吸いつけられ、マイナス電極に運ばれます。
次々にマイナス電極に運ばれた電子は、1個1個はじき出され、プラス電極へ電気力線に沿って飛んでゆき、静電気の流れを形成させるようになります。(0.06ミリアンペアの微弱電流)
トルマリン石を微細にする必要性は、この石には必ず1対の電極が発生する為、結晶体が小さいほど静電圧は高められるからです。
この静電気(高電圧微弱電流)が空気中の水分に対して電気分解をおこさせ、H+とOH- を発生させます。
H+の多くはマイナス電極にひきつけられ、そこから放出される電子と結合し水素ガスとして放出されます。
OH-は放出され、更に水分H2Oと反応しH3O2-ヒドロキシルイオン(界面活性型マイナスイオン)を生成します。
このヒドロキシルイオン(小イオン)は移動度が高く活性力も高いうえ、1〜2時間程度の寿命があるために、ビオリオンから次々に放出されるイオンは狭い室内や箱の中では蓄積が可能です。

ビオリオンでのマイナスイオン放出の弱点

  1. 地下深い場所や金属の囲いの中など
  2. 湿度が極端に多いか又は少ないかの条件下
  3. 低温条件下(10℃以下の室内・冷蔵庫や冷凍庫内)
  4. 化学繊維や樹脂板又はフィルムなど、帯電しやすい物がビオリオンの表面に乗っていたり付着している場合。
  5. 寝室などでの利用の際は、衣服やシーツ毛布の化学繊維の使用は、イオン効果を弱めます。麻や綿などの天然素材をご利用ください。
  6. 太陽活動も含め自然界の条件下で行うことですので、イオン発生量が変化する。

理由

  1. 太陽風が届かない条件下
  2. 水分が無いと効果がない、水分か多すぎると水分同士がくっ付き大きくなり(霧など)分解できない
  3. 温度が下がりすぎると水分の活性度が衰え、最終凍ってしまい、温度の下降に比して発生量が落ちる傾向にある。
  4. 4&5の理由は、帯電しやすい物とは電子を引っ張り、蓄積するもの(静電気)で、発生させるイオンや電子を引き寄せてしまい対象物や呼吸器に付着したり吸引されることを疎外するからです。

上記4&5は森林や小川・滝の側などでマイナスイオン効果を期待する際も、衣服などは同様に必要な処置です。