林業の間伐作業は森林に光を入れ、CO2を光合成により削減する、大変エコな作業だと言えます。しかし、現在の林業は、木の利用はなく間伐をするための環境事業になっています。その間伐によって大量に出る間伐材を利用することで、収益が上がるようになれば、環境産業として独り立ちできると思います。
これまで、間伐材の多くはチップにして燃料(火力)や建材としては下地材に利用されてきました。間伐材利用量は、その森林の育成に伴う、人・物資・山道などの投資・整備を担保する対価に至らず、むしろ衰退し、荒れ放題の森林は、CO2ストック機能の低下、花粉の大量発生や、蝕む害虫の増産と様々な問題が蓄積されるに至っております。
使い道のなかった小径間伐材を使うことができれば、CO2の吸収量を増やすだけでなく、放出量を減らせるという一石二鳥の効果があるのです。
この間伐材を合板に加工し特殊強化塗装(新開発塗装)を施すことにより、表面強度を保ち耐久・安全性を確保でき、水平面性使用に可能な物性を持たし、内装材・家具・建具への利用拡大を目指していきます。